地球のおわりは恋のはじまり 3話 最新! デザート 2016年3月号 ネタバレと感想!

『地球のおわりは恋のはじまり』


表紙は蒼と真昼が二人で座ってます。

Screenshot_2016-02-01-23-32-47.jpg



★以下ネタバレ








真昼が初めて好きな人が出来たのは中学2年生。

双子の真夜の好きなタイプとは逆のタイプの部活の先輩でした。


ある日、真昼を先輩が呼びだします。

告白かと期待して行くと、



「柳瀬…さん… だけど」





「君じゃない方の」


と言われてしまいます。




ショックをうけた真昼は真夜に会いたくなくて、遅くに家に帰ります。


家へ帰ると当然母親に怒られ、


真夜が真昼を探しに行ったまま連絡が取れないと聞かされます。



真夜なんかこのままいなくなってしまえと真昼は思います。



警察から連絡が来て、真夜は不審者に追いかけられ、警察署で保護されていると聞きます。




「お姉ちゃん、無事だったんだ」

「…よかったぁ」



膝に怪我をおった真夜に涙ぐみながら言われます。


真昼その様を見て、


いなくなればいいのは 私の方だ


と思います。












プロロロロ…プロロロロ…


真昼は携帯のアラームで目が覚めます。


悪夢だ…

真昼は中学時代の夢を見ていたのでした。



真夜へ蒼が折ってくれた折り紙を勝手にもらってしまったから、その戒めなのかと考えながら学校への道を歩いています。



すると

「真昼?」


後ろから蒼が声をかけます。



折り紙のことを聞かれ、答えられない真昼に


見透かすように

「真昼が気に入ったのなら真昼にあげるよ」

と蒼はいいます。








学校で先生が指輪をなくしてしまったのでもし誰か見つけたら教えてほしいと言います。


しかし指輪は守谷さんが持っているのを真昼は知っています。


そのことをお弁当を食べながら話していると、


「私が指輪を持っていることは黙ってて!!」



と守谷さんが言います。




「今の話聞こえちゃった」



蒼が声をかけます。

秘密にしてあげるかわりに銀河と一緒にお昼ごはんをまぜてほしいといいます。



4人でお昼を食べることになります。



蒼のお弁当はクオリティの高いリアルな恐竜のキャラ弁で、
蒼の自作だといいます。


関心している真昼に銀河が


「蒼はすごいんだ」

「家のことがあるから必然とはいっても、なかなかそこまでは無理だろ?」



となぜか銀河が得意げに話しますが、


「その話は駄目だよ」


と蒼にたしなめられます。




 ? 

家族が多いって言ってたから大変なのかな


真昼は一人思います。






教室で蒼は真昼を放課後にパン屋へ行こうと誘います。

断る真昼に

蒼は校門で待っているからと真夜に答えにはひるまず言います。




急いで帰ろう走りだす真昼。





また誘われたら行ってしましそうだもの。


でも本当に待っていたりして…いやいやそれはないわ


今朝の夢は戒めなんだ




期待したら地球が滅ぶ

違う


私が地獄へ落ちるんだ





そうは思っていても気になってパン屋まできてしまう真昼。



そこで女の子達が

校門の前ですごい折り紙を追っているイケメンの話を耳にします。



真昼は校門までのぞきに行きます。



いるーーーーー

びっくりしてまたもんもんと悩んでいる真昼に蒼が気付きます。




蒼はありがとうと真昼が戻って来てくれたことを喜んでくれます。


しかし今日はもうバイトへ行かなくては行けないと言います。



「あ~ でもバイト休みたいな」

嬉しかったからと。






理由はわかないけど、

この人なら

私のことを特別に思ってくれるのかな


と真昼は思います。




そして照れながら

「…明日…だったら一緒に行ってくれる?」と蒼に聞きます。



「やっぱりバイト休みたい」








頭のどこかで警告が鳴っている。


でも

変わりたいたいって心がなってる。






★感想


真昼の頭の中はいつもいっぱいいっぱいですね。


言葉にはせず、頭の中でいつも色々なことを思っています。



そして基本に思いこみが激しく自己完結ですよね(笑)

守谷さんの指輪にしても、蒼がお弁当を作ってる理由にしても


自分の中で答えを作って、それ以上深追いしません。



蒼の照れた時に顔を抑える姿が可愛らしくていいですね。

そして真昼の居る所に葵ありといわんばかりに後ろから現れます。

でも、イケメンだからセーフです(笑)


好きだから、目で追って探してしまうんですかね。


バイト休みたいくだりは素敵です。

それでちろん休むのではなくきちんと行く蒼、

普段思ったことをあまり言わない真昼が駄目だと止めることで

二人の生真面目さが出ていていいなぁと思いました。




「たいようのいえ」
第38回講談社漫画賞少女部門受賞
これも面白いです。この作品が好きで、
今回の新連載楽しみにしていました。



漫画・アニメ ブログランキングへ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433062418

この記事へのトラックバック