星上くんはどうかしている 18話 最新!デザート2016年 3月号 ネタバレと感想!

『星上くんはどうかしている』
作アサダニッキ



表紙は雲城くんと望くん。

Screenshot_2016-02-01-23-32-17.jpg



★以下ネタバレ『第18話★星上くんと文化祭』







文化祭、当日の朝の準備中。

いさりのクラスではプラネタリウムカフェの準備が着々と進んでいます。



文化祭が終わるまでに雲城と仲直りしたい思ういさり。

望のように折れずに強い心でもう一度相手に向き合えるようにと、
以前もらった星のバレッタをつけることにします。

そのバレッタを望がキスをするように口元に持っていき、


「三毛野さん、髪につけさせて」

「オレの勇気、この中に全部込めたよ」



心強いと答え、照れながら髪につけてもらういさり。



文化祭が始まる。


いさりのクラス7組はお客さんが全然来ません。

どうやら、手前にある1組のカフェへお客さんが吸いこまれているようです。

その理由は求が王子様スマイルで接客しているから。

それに対抗して双子の望に客引きをするようにクラスメートは頼みます。


その間、雲城に話しかけようとするいさりでしたが、ことごとく無視されてしまいます。


まっ負けるか―


バレッタを触り、力を補給するいさりです。


その時、岩伏に望の客引きは大丈夫なのか、前の望はとても人見知りでキョドってただろと尋ねられます。

そう言われ、いさりは心配になり様子を見に行きます。


見に行くと、いさりの心配とは別に女の子と囲まれてモテている望。


いさりを見て、望は駆け寄ります。

頭が真っ白になったけどいさりをみて落ち着いたと言われます。

チラシを配っていると7組に取られた客を取り返すべく求が現れます。



求はいさりの肩を抱き、

 求 「イケコンの投票よろしくな」

いさり「あのね…」



望がグイっと肩を抱き、求からいさりを奪います。

 望 「三毛野さんはオレに投票するって言ってくれた」


またグイッといさりが求の方へ

 求 「口約束だろ、ただの」

いさり「ちょ!」

 求 「いさりに強制するのか」

 望 「強制じゃない」

いさり「そ、そうだよ。あたしが自分から言ったの!」

 求 「優勝でもなんでもすればいい。望にはそれだこの価値がある」
   「オレは別に負けたっていいんだ。」
   
   「いさりの1票でいい。それで我慢してやるからさ」 


いさりはそう言った時の求の目にびっくりします。


  求君が あんな すがるような目を

 
いさりは教室に戻ります。

皆が あたしが思っていたより 求君はほんとはずっと…

求のイケコンの写真に書いていた『完全無欠』の言葉を見て、いさりはふとそう考えます。


 望 「あまり三毛野さんを困らせるなよ、求」

 求 「お互い様だろ、望」




いさりは教室に戻ります。

望のおかげで盛況のカフェでプラネタリウムの上映が始まります。

その解説の声が求の声で、いさりは考えてしまします。


同じ声 求君と

どっちと話しているかわからなくなってくる。

望君と求君

神様と人間

どっちがどっちなんだろ-----




立ち尽くすいさりに雲城が上映の邪魔になるから座ってるように言います。

バレッタを触り、勇気をもらういさり。

雲城に話しかけていると


ズルッ…!!


いさりは暗幕を破ってしまいます。

重いので雲城が美術準備室にある新しいものを取って来てくれることに。


どうしても雲城と話がしたいいさりは美術準備室ではなく屋上へ雲城を案内します。

「一分だけでいいから」

「一生のお願い」

「ちゃんと話したいの」

「あの頃のことを」







★感想

完全無欠の求の人間らしいところをみて、いさりは戸惑うんですよね。

神様か人間かと面白いことをいうなぁと。

以前は天使と悪魔と言われていたり、二人に対するイメージはいつも相反するんですよね。


今までは優等生で抜け目のない王子様な求が『神様』、人見知りでキョドキョドしている望が『人間』だったのでしょう。

求のすがるような目をみて、王子も人間なのだといさりは気付たんでしょうか。

それとは逆にいまやクラスの中心人物になり、いさりにないまっすぐさを持つ望を神様だと思ったのでしょうか。

深くいさりの感情は描かれていませんが、今後どっちの星上くんをいさりが選ぶのかで大事になってくるような気がします。

少しずつ少しずついさりに求が近づいて来てます。


次回はいさりの中学編のようなので、雲城くんと何があったの楽しみです。




キョドキョドの望といさりに敵意むき出しな求が見れます(^_^)v


最新刊です!



漫画・アニメ ブログランキングへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック