海月姫 81話 最新!Kiss2016年3月号 ネタバレと感想!

『海月姫』

表紙は一人クラゲをみている月海
Screenshot_2016-02-01-23-34-35.jpg





以下ネタバレ
Episode81『イノセント・鯉淵ボーイズ』



天水館

クラゲは成長の過程で形が大きく変わる。
 クラゲは実は一生にの中で一部分。



幼生のうちはイソギンチャクのような「ポリプ」
  ↓
クラゲの赤ちゃんの花のような「エフィラ」へ
 ↓
円形の「稚クラゲ」へ。
このまま形が変わらす成長する。




月海「これがクラゲの『変態』です。」


尼~ず「・・・・。」

月海の説明が理解できない尼~ず。

そこに勢いよく襖を開け、


蔵之介「おめーら、頭に叩き込んだか、おら――!!」
    「よし!じゃあ、JELLYFISH再起動するぞ!」


張り切って皆に指示を出す蔵之介に月海はお兄さんと話がしたいので、少し出かけたいと申し出ます。

一緒に行くという蔵之介を振り切り、尼~ずにサボりと言われながら、

月海は一人で修の元へ行くことにします。

修の自宅前

修の家の前

出かける直前の修と走ってきた月海が出くわします。

話をしますが、動揺し逃げ出す月海。

思わず月海の腕をつかむ修。

自分のボンレスハムのような腕を掴まれて、恥ずかしくなった月海はその手を払いのけてしまいます。

月海 「私のここが その お歳暮のハム的な そういう…」
   「ハムをお兄さんにつかませるわけにはいかんと思って」

修  「け、け、け、結婚の件はどうなされますかっ!!」

花森 「まだ言ってんの。こんな道っぱたで。うん、0点!」

終始ずっとテンぱっている月海と修。


ここで落ち着き、プロポーズ月海は自分の気持ちを話します。


月海 「私、まだ何もやれていないんです。」
  
   「もちろん、私なんて何もできないかもしれないいですけど」

   「でも」

   「これからまた、作りたいものがあるんです。」

   「新しいことをまたやろうって…」



冷静に聞いていた修は月海に聞き返します。

 


 修 「蔵之介と一緒に?」




月海 「蔵之介さんは私のお姫様なんです。」



 修 「でも、僕にとっては月海さんがお姫さまだったんだよ。」
   「はは、あべこべで笑ってしまう。」

   「可笑しいね。僕たち」





自宅の中


窓から修と月海を観察していた修の父と総理。

総理 「あ、女帰った。」

修の父「あ、修がひざから崩れおちた」

総理 「玉砕ですか、先生」

修の父「玉砕ですな、総理」


二人は修のピュアさは政治家に向かないと話をしています。

容姿端麗で頭がきれて、神経が図太くハッタリかませる才能がある蔵之介の方が政治家向きだととも言います。


天水館

蔵之介が尼~ずのみんなに掃除をさせています。

休憩にラーメンを食べながら、テレビをみていると、

中国市場が大きく株価を下げ、チャイニーズブラックマンデーと言われている事態が起こっているとニュースから流れています。

「例えばこのシンガポールのアパレルブランドが展開しているファッションブランドの旗艦店でが、売上の減少が止まりません。」

画面には「AVDY」の店舗が…

驚く蔵之介。

シンガポールのカイの会社

チャイニーズブラックマンデーの煽りをうけ、
カイの会社の保有する株価が1/5に、自社株も半分以下になり会議が行われています。


そこで工場の稼働を止め、中国の直営店からの撤退の準備をするように言います。

関わる多くの従業員を心配する声に

「切れ 無駄は全て切って捨てろ」と冷酷に一蹴するカイ。

天水館にて蔵之介の心の中の決意


クラゲのように形を変え、姿を変え

一枚の布から生まれる変化していく服。

頼んだぞ月海

おまえならできる

いや おまえにしかできない。

オレたちにしか作れない服じゃないとあいつには勝てない。





 感 想 


月海はプロポーズ断ってしまいましたね。

月海がいなくなってから、崩れ落ちる修がナイスです。

花森のつっこみがいちいち面白いんですよね。

月海と修がテンパりすぎて、あの場で冷静なのは花森しかいないですもんね(笑)







漫画・アニメ ブログランキングへ

この記事へのコメント