のだめカンタービレ 番外小曲集 Kiss2016年4月号 ネタバレと感想!

5年後ののだめの世界です(^◇^)
_20160228_230425.JPG

以下 ネタバレ
Caprice.2


フランス・パリのだめ自宅

のだめがプロになり、三善のアパルトマンを出てから4年―
のだめは29歳になりました。
のだめと千秋はお互いの音が邪魔にならないように二人はそれぞれ一人暮らしをしています。


フランス・パリ 6月
のだめは自宅でピアノに向かい、新しい曲の練習をしています。

♪ピッピーピコピコ♪
のだめの祖母から電話が入ります。

今度はいつ日本に帰ってるのかと聞く祖母。
のだめも千秋も忙しいので、祖母にパリへ来ることを提案します。

一人で行くのは…という祖母に、一家で招待するとのだめは言います。


祖母「そんならもう結婚式でもしたらどげん?」
  「千秋くんももう三十路やろうもん、ちゃんとケジメばつけてもらわんなら」

のだ「なるほど!たしかに結婚式ばしたら一石二鳥やん❤」



電話を切り、掃除をしていた千秋に言います。

のだ「というわけで結婚式をしましょう!」
  「でものだめ今、コンサートの準備で忙しいから」
  「どっちかっていうとヒマな先輩のほうがめんどくさい手配とかお願いしマスね❤」

  「お金は出しますんで!」
  「のだめも来年三十路になっちゃうし、なる早で結婚しましょう❤」



千秋は持っていたゴミ袋のだめに投げつけながらブチ切れます。、
千秋「なにがなる早だ――!! 一石二鳥だ!!」

のだ「ぎゃぼ――」



千秋の結婚式の準備の日々

東京の峰や清良、真澄。
福岡ののだめ一家。
ドイツの黒木くんとターニャ。

千秋は色々な人に意見を聞きながら場所を探します。

時には参考に結婚式場探しの『ゼクチィ』を見ながら。

千秋
―なぜオレがこんなことを…―




のだめに聞いてみても、
「いいんじゃないですかね。教会かお城で。近場なら。」
と面倒くさそうに言われ、「これから練習なので」電話を切られる始末。


千秋
―なぜ オレ様がこんな投げやりに結婚されなきゃいけないんだ!?―

千秋のストレスは増すばかりです。


千秋母と千秋でレストラン

千秋は千秋母と食事をしています。

千秋母はのだめは投げやりなのではなく、練習が大変なだけだと千秋へ言います。

母 「それでもお式がしたいなんて健気じゃない❤」

千秋「しかし…『なる早』とか」
  「忙しいなら、そんなにムリしなくても」


のだめ自宅のソファー

千秋は結婚式の内容についてのだめに説明します。
のだめは膝の上にのせた楽譜に目も向けながら聞きます。

8月に千秋の親の友人のワイナリー付きの城を貸してもらう事になったとのこと。
そしてヨーコから届いたドレスのデザイン案を出します。
タブレットを見せながら、のだめにどれにするか聞きます。

タブレットを払いのけるのだめ。

千秋「おいっ!?」

のだ「練習するから来なくていいって言ったのに!」


ドレスも適当に選びます。
話している最中も常にのだめは楽譜を見ながら、指を動かしたままです。

千秋「ちゃんと見て選べよ」
  「おまえたぶん結婚できるの一回きりだぞ」
  「真面目にやれよ」


それでも適当に選ぶのだめに千秋が声を荒げます。
すると今度はのだめがブチ切れます。


のだ「しからしか――!!」
  「ケッコン式なぞひとりでやってろっつーんですヨ!!」


タブレットを床に叩きつけます。


のだめ自宅のピアノ

『ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番二短調作品30』
ピアノ技巧は困難を極め、世界中のピアニストが憧れ、
弾くことを夢みるピアノ協奏曲界の最高峰。
エベレストのよう存在の曲。

千秋「これやるの?おまえが?」

のだ「9月にランドンさんと」

千秋「“ランドン・ドンバン”って今 大人気の指揮者と9月に!?」
  「この曲であと2カ月って無茶だろ!?」
  「弾いたこともないくせに!!」

のだ「だって!Ruiだってとうの昔に弾いてたし」
  「しかもそれが先輩のデビュー公演」
  「のだめだって先輩とこの曲やりたいデスよ!!」


少し赤くなる千秋。


のだ「だから、その前に他の人と練習しておこうかと思って」


千秋
―ランドンさんで練習…こいつどこまで…―


のだ「無茶…ですよね」
  「でも『無茶』って思ったのはじめてで…」
  「ドキドキします」

のだめは楽譜を見ながら、笑顔を見せます。

練習してみてもわちゃわちゃ…
でも、楽しい…

のだ「これはのだめの曲です」


実際に弾いてみるのだめ。
千秋が「お…」思ったのもつかの間…

千秋「たった一小節かよ!!」
  「なにがのだめの曲だ」
  「全然できてねーじゃねーか!!」


ムキャアアっと言いながら、
のだ「だって楽譜がもう…」
  「よく見えないっていうか」
  「目が潰れそうデス!!」


千秋「落ち着け、この曲は傑作だ」

  「まぁ…結婚してる場合じゃないな、これは」


こうして二人の結婚式は延期になりました。


ミルヒーとエリーゼ

エリ「あははははっ、いい気味❤」
  「この調子で二度と結婚なんて考えられないほど働かせてやるわ!!」

ミル「…なんで」
  「なんでわたしには何の相談もなかった!?」
  「師匠なのに」
  「なんも聞いてない!!」

エリ「するわけないでしょう!!」
  「何をされるか」

ミル「しなーい!!」
  「スカイダイビングとかバンジージャンプ結婚式なんて考えたこともない」



―終わり―


 感 想 

久しぶりののだめにテンション上がりました。
まだ結婚していないんですね。
二人もいつのまにかアラサ―ですか…。

まったく関係の変わらない二人にほっとします。
二人でピアノに向かっている姿はやっぱりいいですね(*^_^*)

小さな設定が少しずつ入っているのが嬉しいです。
・のだめの部屋にまだあるプリごろたグッズ。
・峰はオペラ公演で金欠。
・のだめ弟は海苔農家の後継ぎに。
・黒木くんとターニャの結婚式は明治神宮で和装婚。
・テオが眼鏡をかけていた。
・エリーゼはまだ独身。

なにより…のだめの羽振りのよさにピアニストとして成功しているんだなとしみじみ思いました。
二階のある部屋に住んでるし、一家全員のパリへのお金を出す。
昔は千秋の財布からお金抜いてたのにな(笑)

この話ってコミックスになるのでしょうか…?


のだめカンタービレ(1) (Kissコミックス) -
のだめカンタービレ(1) (Kissコミックス) -

[まとめ買い] のだめカンタービレ -
[まとめ買い] のだめカンタービレ -


漫画・アニメ ブログランキングへ