L・DK 82話 最新! 別冊フレンド2016年6月号 あらすじとネタバレ

_20160514_112901.JPG

以下 ネタバレ
#82 ○○○(ピーッ!)との遭遇



葵・柊聖の自宅

葵は父と電話をしています。

父 「調理師になるだと?」

葵は学校見学も行ってきて、ちゃんと考えたのだと父に説明します。

葵 「ねえお父さん!!」
  「娘の夢を応援するのが親でしょ?」

父 「まあ…そうだな」



(おおお好感触!!)


葵は今の自宅から通える距離を優先に学校を絞ってると話すと、父から柊聖のそばにいるために学校選びを妥協してないかと聞かれます。

葵 「し、してないよ」
  「妥協なんて!!」

父 「あの男はどうするんだ」
  「卒業後の進路は」

葵 「えーと」
  「たぶん大学進学だと思…」

父 「たぶんてなんだ!!」

父は葵の話を遮り、怒鳴り始めます。
どんどんヒートアップしていき、わちゃわちゃしてる間に電話が切れてしまいます。





電話が切れたあと、葵は一人考えます。


(そうなんだよね)
(…もう11月)
(卒業まであとすこし)
(どんどん新しい世界に進んでいく)


葵の目に部屋に貼ってある父との約束事の紙がとまります。

『卒業まで性交渉禁止 父より』



(卒業したら…)

葵はキャーと赤面させ、頭を振ります。


(ついに ついに!!)


葵が顔を上げると、そこには冷めた目をした柊聖と玲苑の姿が…。
玲苑はお世話になった葵と柊聖それぞれにお礼の品を持ってきていました。
葵が玲苑からのプレゼントを開けてみると、

【劇場版『まちのポリスさまっ!』コンプリートBOX初回限定シリアルコードつき!!】

1万8千円もする葵の欲しかった品物が。
葵は大興奮します。
玲苑からもらった紙袋に開けてみる柊聖。

柊聖「・・・・」
  「玲苑おまえ…」

玲苑「シュウが喜ぶと思って」
  「一生懸命厳選したんだぜ」

柊聖「!!」

柊聖は玲苑の首を締め上げながら、

柊聖「いらねぇよ」
  「持って帰れ」

結局受け取らず帰ってく玲苑。





玲苑帰宅後、葵は柊聖がもらった紙袋の中身が気になり尋ねます。

柊聖「知らなくていい」

葵 「あー!!」
  「また隠しごと!?」

しつこく柊聖に尋ねる葵。
そんな葵に柊聖は目の前にプリンを出します。
プリンに目を輝かせる葵。
葵はそのままプリンとともに家の外に出されてしまいます。

柊聖「それ食ってて」

葵 「ちょっとー!!」

しばらくして家の中に招き入れられる葵。

葵 「もー!!」
  「なんで外で待たせるの?」
  「教えてよ」

柊聖は今度は葵をテレビの前に座らせます。
そして玲苑から葵がもらったDVDをかけます。

葵 「タクヤさま!!」

大興奮して、夢中でみる葵。

柊聖「風呂入ってくるから」
  「ゆっくり観てろよ」

葵 「うん!!」




柊聖は脱衣所に入り呟きます。

柊聖「…クソ玲苑」



DVD後の葵

葵はDVDに感動に涙を流す葵。
テッシュのストックを取りに、脱衣所へ行きます。
引き出しを開けると、そこには先ほどみた紙袋に入ったDVDが。

葵 「…ん?」

DVDには『enjoy!!』の文字が。
これが玲苑からのものだと確信した葵はコソッと見てみることにします。

葵 「エンジョーイ♪」

葵は上機嫌でDVDを再生します。
そこに映ったのは『エロ❤DK』という題名のAV。
流れてくる内容に上機嫌が嘘のように固まる葵。
葵は鼻血を流しながら、再生を止めます。



エンジョイできない…
あれが「セイコウショウ」!!?
なにあのポーズ!?
なんであんなことをそんなことを!!?
何故あんな所業を!!?

だって『性交渉』って
もっと…
もっと…

いやーーーーー!!






柊聖がお風呂から上がってくると、真っ白になった葵がいます。

柊聖「…葵」
  「…カオ変だけど」

葵の手を握る柊聖。

葵 「イヤーーー―!!」

葵はお風呂場に逃げていきます。

柊聖「・・・・」

柊聖はリモコンの再生ボタンを押してみます。
すると先ほど葵が見たAVが流れ始めます。

柊聖「・・・・」

お風呂場

お風呂場に立てこもっている葵。
お風呂場のドアを柊聖はノックします。

柊聖「…見ちゃった?」

葵 「・・・・」

柊聖「感想は?」

葵 「・・・・」
  「…あたし」
  「自分のこと」
  「そこそこヘンタイだって思ってたけど」
  「あなたは筋金入りですね」

柊聖「…玲苑にムリヤリ渡されたんだよ」

葵 「うそだ!!」

葵はお風呂場から出てきます。

葵 「○○○とか」
  「○○○○とか」
  「○○○○○とか!!」
  「柊聖がこのまえ」
  「言ってたワード」
  「いっぱい出てきたもん!!」

柊聖「…サラッと言ったな」

葵 「そ、そんなド変態なこと」
  「心の準備ができてないよ」
  「ご期待には添えません!!」

柊聖「…だからイキナリじゃなくて」
  「徐々にっつーか」
  「ゆくゆくは?」

葵 「ゆくゆく!!?」
  「…柊聖は」
  「そういうことしたいんだ?」

柊聖「うん、まあ」
  「…そうだね」


ヒィィィと言い、性交渉は全然イメージと違うと言う葵。

葵 「なんか恥ずかしいし」
  「…怖いよ…」

柊聖は絵を描いて、性交渉の説明します。

柊聖「…怖い?」

葵 「・・・・」


そんな葵を見て、柊聖は服のままお風呂に入ります。

葵 「 !? 」

柊聖「葵もおいで」
  「『水遊び』」

水鉄砲を使ったりと、お風呂で遊ぶ2人。
柊聖は葵にキスをします。

葵 「 !? 」

そのまま服の上から葵の胸を触る柊聖。

葵 「あ…っ」

そんな柊聖の手に焦る葵。

柊聖「…怖い?」

葵 「ううん」
  「ちょっとボーっとする…」

柊聖は両手でしっかり葵を抱きしめます。

柊聖「大丈夫」
  「葵のイヤがることはしないよ」

葵の手を握ります。
葵はそんな柊聖の手を握り返して笑顔で言います。

葵 「…うん」

柊聖「じゃあ」
  「DVDの続き2人で観る?」

葵 「いやだよ!!」


その日の夜

2人は手を繋いで眠りにつきます。




一歩一歩
新しい世界へ
柊聖とならきっと





―7月号に続く…―

 感 想 

葵はまるで小学生のような反応ですが。
いや…今時の小学生の方が進んでいそうなような(;・∀・)
こんな可愛らしい高校生いるのでしょうか…(笑)

AVのタイトルが『エロ・DK』というまさかのパロディーでした。
1巻の表紙の絵に胸元がざっくりと開いたもの描かれていました。
ちょっと気になるAVでした(笑)



漫画・アニメ ブログランキングへ

L DK(20) (講談社コミックス別冊フレンド) -
L DK(20) (講談社コミックス別冊フレンド) -

別冊フレンド 2016年6月号[2016年5月13日発売] [雑誌] -
別冊フレンド 2016年6月号[2016年5月13日発売] [雑誌] -